特定非営利活動法人 宮崎県ボランティア協会 MiyaKenVola じっくり、ゆっくり、たっぷり ふれあう ! —mkv.e-region.info—

所在地・時間

〒880-0007
宮崎県宮崎市原町2-22
(宮崎県福祉総合センター本館1階)
水曜:12:00~17:00
木曜:11:30~18:30
金曜:11:00~18:00
事務局担当者は日替わりです。詳細は上記メニューの「協会スケジュール」をご覧ください。

KENVOLA Twitter

  • パーフェクト ホスピタリティ

    パーフェクトレヴォリューション 強い雨を読んでか、送迎リフト車(どこでもドアー)で通勤した本日の野海さん。夕方のプログラム時には案の定雨足はしげく、私用のプリンターも積んできていたので計画通りの福祉総合センターの一日となった。iphoneでのフェースタイムでは土曜日に開催される飫肥の岩切秀樹誕生祝会(会場はつぼ八)に初参加でいわゆるオフ会が実現した新人の女性ライダーともコンタクトを済ませた。
    今年の24時間テレビ放映で入浴車の寄贈を受けた日南市社会福祉協議会の看板役者として出演した親子のシーンに感動したという女性とご対面の日となる。
    何かにつけもろ手を挙げての評価を受けられない24時間TVの過分なテャリティ性、しかしこの番組が一つの出会いにつながった。
    そして、飫肥から30日(土、10開場)のフォーラムに参加する目的にプラスして友情の深まりを加味するというのが南からやってくる男の真情である。
    野海さんの方は、本日は来る西池小でのふれあいアート教室の打ち合わせに移動した。フォーラムは昨年の相模原事件で失われた19人の霊に寄り添うとともに、自分たちの生き方を総合的に語りあうというイベント。

    くらし面では、多様な意見を取材し現在進行形の命を捉えたthe宮日


    4月2日に初のパレードで存在を鼓舞したみやざきのマイノリティの露出にボディブローを食らわせられたような(山之内俊夫氏コメント)神奈川県の特異な惨劇。年が明け2017年を記憶するにふさわしい追悼集会とフォーラムが期待される。献花台の背景には19人にあてた園長からの19通の労いが手書きで飾られ(神奈川新聞社提供)当協会と宮崎市ボランティア協会が共催した故菊永恵子さんに花をおくる会で折られた鶴の折り紙がアレンジされ、より多くの宮崎からの鎮魂となる。11時からのステージでは車椅子女子二人が今どきのキュートさで重いテーマのフォーラムに風穴をあけ、光を呼び込む役に体当たりする。マイクジャックの15分間には生の声がオルブライトホールに響き渡る。わたしは生きたいんです!からと。

    Published on 9月 27, 2017 · Filed under: お知らせ;