特定非営利活動法人 宮崎県ボランティア協会

MiyaKenVola じっくり、ゆっくり、たっぷり ふれあう ! —mkv.e-region.info—

LINEの友達に追加

友だち追加

このボタンをクリックすると、県ボラ協会のアカウントを友だち追加できます。

所在地・時間

〒880-0007
宮崎県宮崎市原町2-22
(宮崎県福祉総合センター本館1階)
水曜:12:00~17:00
木曜:11:30~18:30
金曜:11:00~18:00
事務局担当者は日替わりです。詳細は上記メニューの「協会スケジュール」をご覧ください。

KENVOLA Twitter

  • 駐車場は必須、行事によっては用意分では足らない。迫られて止めたTIMESだったが、破格の料金を支払う羽目に肯(がえ)んぜずも、音楽会には満たされぬ。

    ひるがえって、事務所が入居するここ。昼の研修と夜の自助グループのミーティングにと活躍するセンター。児童交通公園と母子福祉センターの幅広い用途の施設なので、駐車管理に配慮が行き届いている。

    「段取り7分(ななぶ)という」と愚行を諭して下さった先達。まだそんなことやってるのかと天からの聲。功を得んとあせるのが青春期だが。急ぐ前に、デザインを。「P」のことなど配慮の結集が熟達した成功だ。ちなみに11月30日と12月1日両日ふれあいの旅・日田に旅する間も、センターPの配慮にはお世話になる。

    さて、ここから特報!本日は来年度の共同募金申請のヒヤリングに実行委は挑んだ。その間、事務所ではこの協会サイト内に追加される懸案の「ふれあいの旅」ページをわくわくweb工房が旅のしおりに追加して受注するプロセスが進行する。さあ、どんなページにするのか!WEB上でも参加できる「ふれあいの旅」。ホームページ閲覧ならP料金は無料。時間の心配もなく、日田へのシュミレーションをして欲しい。フライヤー紙媒体につけるQRコードから飛んできて欲しい。

  • 昨日の第8回ふれあいの旅実行委員会メモによれば、初案より2ヶ月後のスケジュール変更が了承された。公立大生は試験のため欠席の上、キーワードには紅葉狩りが加えられる他、豆田散策(おんせん県おおいたレトロ可愛い町並み「天領日田」で検索ヒット)にエージェント南氏こだわり有といった躍動が読み取れる。

    フライヤー作成担当のベイビーさん役者の和田祥吾氏、手直しする時間もたっぷりあるので、らも舞台と両立して張りきっている。
  • 2019MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦 SUPERBIKE RACCE GT 300 km RACE 上津江町オートポリス 10月5・6日 ㈱オートポリス ㈱オートポリス 0973-55-1111 鯛生金山まつり 中津江村鯛生金山 10月6日 (10月第1日曜日) 中津江村地球財団 鯛生金山事務所 0973-56-5316 小鹿田焼民陶祭(第58回) 源栄町皿山 10月12・13日(例年は、10月第2土、 日曜日) 小鹿田焼協同組合 小鹿田焼陶芸館

    第35回ふれあいの旅実行委員会(第5回)R元/7/2 山崎光代メモ参照

    日田市ボラセン 小鹿田焼の里 そして、もちろん「ビール工場見学予約について」というチェックが入れられた楽しい議事録、なるべく、※できるだけという学生ボランティアたちへの配慮もうかがえる。

    ということで、今年のふれあいの旅は「日田市・かんぽの宿日田」に向けてスタートした。冒頭の日程は日田cityサイトの予定表なので、同日盛り上がっている日田という地域の予想図として引用させてもらった。そして、我々の燃えるイベントがやって来まーす!よという意志疎通の意味も込めている。

  • 9月15日には事前交流会に30人の待ちきれない参加者が集合、介助シュミレーションを楽しんだ。


    行程は、スタッフ集合7:30~受付8:00、8:45宮崎県福祉総合センターバス出発(名鉄観光・永峰観光バス・宮崎市ゆうあい号)とキャッチコピーのままゆったり霧島!霧島国際ホテル泊で雄大な眺めの高千穂牧場ではバター手作り体験(手のひらサイズ)山之口サービスエリアのお土産トイレ休憩をして16:15帰着(9月14日)というわくわく体験の旅!!
    お申し込みは0985-29-2949(FAX同じ)申込用紙で提出。

  • ゆったり霧島!

    安全な時も備え、点検は大事だとニュースに共感,もはや2個とも力尽きた、「これまでありがとう」

    イレギュラーで事務所にいる。昨日未明の北の大地激震の様子には、近年度重なる風水害被災当事者の方々に加えて同様の情けの気持ちを忘れることなく持ち続けたい。
    さて、下見中のふれあいの旅幹事の席から見えるところで充電をしているが、24時間TVから寄付していただいた電動車椅子のバッテリーがおぼつかない。備えの大事さは日常にある。非日常の旅だからこそ気づかされる事に満ちているって訳だ。イレギュラーにどう動けるか。普段からボランタリーな体験に慣れているのと未経験なのを比較すると生き方の改善の道でもあることを痛感。
    チラシ

  • ON AIR Morning Sunshine (生放送) 9月4日(火) 午前9:20~30 松本、江口(公立大)和田(ヘルパーさん付いて)
    宮崎の太陽にも負けない明るさと元気ある2時間の生放送。
    知って得する情報や身近な話題を音楽とともにお届けします!
    甲斐杏奈(月・火) 吉丸裕美(水・木)

  • アルコールは強調せぬ方が良い!なら、ヨーグルッぺにする⁇

    今年のふれあいの旅は、10月開催で事実上、9月15日の事前交流会から旅立つ。宮崎ケーブルテレビでは夕刻のテゲテゲでインフォメーションが月曜日から始まったばかり!前実行委員長の和田ッチは資料作りにヒートアップ。現実行委員長の野海さんは相変わらず色々ある人で、本日は旅行日記のルーティンワーク。暑さに遮断され中々34回目の実像が見えて来ないが、野海さんの午後4時15分前のつぶやき「今は色々アプリがある・・・」のように34年を経たふれあいの旅も立派なアプリケーションとして、参加者とボランティア、各事業者が統合型社会に参画するアクセスツールである。閑話休題 その和田ッチがiPhoneXにして以来、スマートホンを有効利用しているが、本日遂に自販機で無料ドリンクを獲得した。幸運はよりうまそうな缶コーヒーゲットになってめでたしめでたし。ついでに話は両人に必需品のストローに飛び火し、プラスチック浪費、ゴミ捨て問題の話題に!消費社会は遂に罰当たり社会になっちまって!となった。彼らの必需品を保障して、すみやかにおさらば消費社会へ。そんなテーマもふれあいの旅の実行委員の思考には芽生えている。良い連中だ。

  • ボランティア情報No.418郵便発送作業の間に台風が接近。ふれ旅実行委員の純子さんや小学3年生の発送作業体験・ふれあい郵便封筒入れも夏休みならでは。ふれあい誌以外にもイ、野海旅行記日福大奮闘編。ロ、NPO法人総会資料集。ハ、ふれあいアートパンフ(カラー刷り)。ニ、ふれあいの旅参加者募集案内。ホ、県移植推進団体100円寄付(お願い)。へ、第3回差別解消シンポ。ト、差別相談窓口研修会。のフライヤーが同封されてお届けとなります。会員向け投函は150ℊのボリュウム。社協、高校以上の学校宛にはあいさつ文を添えた。「2017年度の活動報告をお届けします」お手にされましたらお目通しのほどよろしくお願い致します。


  • 霧島は郷土の誇るブランド!実行委員会はその霧島カラーをグリーン系と見定め遂にポスター完成!
    実行委員会は手始めに常連参加団への誘いに動き出す。とはいえ、メンバーは手薄な状態なので!あなたもあなたなりの応援ボランティアの要になるチャンス!実行委員会7月31日から参加してみるだけで、数倍のお楽しみは受合えるというもの。一緒に霧島グリーンカラーのふれあいの旅を創造してみたい。

  • 9月15日(土)事前交流会を経て、10月13日(土)~14日(日)の第34回ふれあいの旅実施が実行委員会で固まった。高千穂牧場では手作りバター体験。予定は固まりつつあるが、バターは上手く固まるだろうか。今年も楽しみな車椅子を連ね、温泉に!ボランティア力で楽しさ倍増。