特定非営利活動法人 宮崎県ボランティア協会

MiyaKenVola じっくり、ゆっくり、たっぷり ふれあう ! —mkv.e-region.info—

所在地・時間

〒880-0007
宮崎県宮崎市原町2-22
(宮崎県福祉総合センター本館1階)
水曜:12:00~17:00
木曜:11:30~18:30
金曜:11:00~18:00
事務局担当者は日替わりです。詳細は上記メニューの「協会スケジュール」をご覧ください。

KENVOLA Twitter

  • 甥の存在が背中を押して、梅雨空にほほ〜っと去る


    先週の、メスカのweb勉強会では、城戸講師の他に寿林さんが動画編集の根本について学びを提供されたと、野海さん。
    素材をどう編集するかの、台本ができてからこそ技術が活かせる。知人の知人であったことも野海さんのweb学習は深まった。パソコンのバージョンアップや、重要メール受信など人間関係と同様障がいとなるが、リカバリー、迷惑メールから復帰と奮闘は続く梅雨空。決して声をつぐむことなく、紬こと。

  • 誕生して、成長を続けるキャラクター


    ぶらっと気軽にボランティア!BuraVola 宮崎県ボランティアポータルサイト ぶーら・ボ〜ラのサイトにもタイムリーに出してもらっている。県内全域 障がい者福祉 社会教育 環境保全に特化し、通年にわたり収集ボランティアを受け付けていることを知らせてもらっている。

  • リサイクル収集テレカを発送

    収集ボランティア後の切手発送、その後に向かうのはカード類の番。何しろ重さがあり過ぎる。日常使い回すカード類の行く末は何も考えず、恩恵に溺れている訳で。カードの生命が、環境を悪くしないリサイクルに循環しますようにと思いを馳せて、梱包を続けよう。

  • フライヤーの裏面を読み込むとこうある。
    6月23日から29日は「男女共同参画週間」です。
    職場や学校、地域、家庭などのあらゆる場において、性別にかかわりなく誰もがその個性と能力を
    発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには、わたしたち一人ひとりの取組が必要です。週末には、気持ちを元気づけるハートツーハートチャリティコンサート以外にも学ぶべき講座もある。

  • 前夜までの会談の興奮も冷めやらぬ本日、我が事務所には二人が帰還した。レディファーストでいうと、実数でも300名以上の参加で龍谷大学白石教授・発達保障の水俣の皆さんを紹介したという講演に具現化された全障研宮崎大会実行委員長、山崎光代。酒宴後のハプニングをネタに打ち上げまでリーダーシップを取れたようで、今回自分へのリスペクトが果たせたよう。

    大仕事を果たし自信に繋げる光代and自身の言葉で社会を変革したい野海の野望、×シンガポール◎タイ帰り

    そして、シンガポールとばかり勘違いしていたが、タイ帰りの野海さんは、権利の問題で渦中の人となった。一人では来ないで、お連れ様がいればという商業施設の対応はバリアフリーの真価を問うとともに障がいの捉え方、弱者マイノリティへの尊厳にも接触しかねない。ちなみに1997年秋にアジア太平洋わたぼうし音楽祭参加でタイに飛んだ一団として社会参加が深まりだした都城ボーイ野海。積み木のように価値を積み重ねても偏見は消せない現状。地震におびえるような心境に置かれた発達途上の人々に心寄せるきっかけになればとの行動指針を完成形にするまで自立生活は継続される。

  • 甲斐聖二(元祖電動椅子シンガーソングライター)ラブピースでエントリー♬

    大江戸蔵前からの弾む声が梅雨の宮崎に届いた。丑年というので還暦の赤もすぐそこだが、永遠の青春を生きる宮崎育ちのアーティスト。メディアにも取り上げられた点では全国区でのアイコンだ。最新治療の被験者として痛い思いの出演もあり、生きることのテーマは深まっているようだが、いたって軽いキャラクターから苦渋の声は発せられない。
    その、せいじからのお知らせが、わたぼうし音楽祭へのエントリー。業界ではステージに立たせたい常連である。社会性の高い奈良の舞台から、愛とかをストレートに伝える楽曲提供者としてオファーを受けた。ホームページ上で6月末の正式発表が出ているので、決まれば雄姿が古都の舞台で観られる。既に、故郷宮崎でも幾度となく発表されてきた名曲「ラブピース」薄らりとした夜明けを次第に明るく照らす愛、包み込むような平和、隣人愛。バラードは普遍的な愛を賛歌する。80年代から自立の道を電動椅子で走り出した若者が到達した境地がせりあがるようなメロディを創作した。CDラックの隅に置き忘れられた郷土の名曲が復活するのである。

  • 自身に特に好評だった認知症徘徊演劇ワークショップは、2度目の快感だったという。その演技開眼が、全体会挨拶に好影響を及ぼすだろう。次回の鹿児島大会に進化をもたらすべく400名の参加者に宮崎の事例がHIT!して欲しい。

    いよいよ土日には、第35回全国障害者問題研究会九州大会で実行委員長を演じる

    実行委員会を重ねる第34回ふれあいの旅も霧島国際ホテル案が提示され、梅雨空にすでに明るさが見えている。事務所のメンバーにはアイスの振る舞いまで有り、オルブライトホール壇上に当事者としてスポットを浴びる経験は新たな自身発掘のステージとなりそうである。

  • 不思議な作家活動中。およそ3年前の上京のエピソードが記憶のネガから次々に焼かれ出る


    一台の電動車椅子が動く度に、波乱を起こす、時には。
    毎水曜日にその奇譚を聴き取るのが、愉しみ。ちなみに上京時に公共機関に駆け込みトイレを懇願し、冷たい反応に憤然とする、、、いわば寅さんパターンは相手が権威であるだけに人権の水平のゆがみが見てとれ少し重い。この障がいのある生きづらさを超え続ける意志の揺るがなさ、かたくなさは、一見で価値付けることの不毛を訴えている。
    も、少し私を見て、耳を傾け、嗅ぎとって、治してとさらけ出す体躯。決して壊してはならない魂以外、ふれあいの瞬間のために命は輪になってここにある。
    毎水曜日、電動車椅子に乗ってやってる作家の日常の無常は三年目に文字化され、昇華されゆく。

  • 会場となる施設のホームページにはこんなお知らせが!
    なんと!!スマイルハートホームの子ども達がコンサートに出演する事になりました✨✨✨

    この日の為に、子ども達は歌を歌いながら手話✊✌✋を練習しています。

    はーとラーニングプレイスは「365日の紙飛行機」・スポーツスタジアムはーとは「ひまわりの約束」を発表します☺

    日時6月9日(土)・開場/12:30・開演/13:00
    入場料:1000円(中学生以上)駐車場🚙は旧わかあゆ支援学校跡地をお借りしております。


    昨年は初めて延岡のコンサートを聴きに行き、新鮮な感動を覚えた。延岡駅近くの木の香りのするホールのある発信地。新たな会場での19回も興味深い。
    スマイルハートホール・体育館には音楽愛のチカラが溢れ出す❣

  • 老いも介護も楽しくなる演劇的ヒント_チラシ土 6月2日 9:30 所要3時間 資料代1000円
    老いも介護も楽しくなる演劇的ヒント「遊ビリテーション」って?体験‼&
    宮崎県福祉総合センター・本館2階 ボランティアセミナールーム
    app-facebook
    老いと演劇 OiBokkeShi
    宮崎県でのセミナー&体験講座、いよいよ来週に迫りました。6月2日(土)は宮崎市、3日(日)は都城市で開催します。みなさん、ぜひお気軽にご参加ください!
    日 6月3日 9:30~11:30 セミナー参加費500円(定員70名)13:15~16:15体験講座資料代1000円(定員30名)