特定非営利活動法人 宮崎県ボランティア協会

MiyaKenVola じっくり、ゆっくり、たっぷり ふれあう ! —mkv.e-region.info—

LINEの友達に追加

友だち追加

このボタンをクリックすると、県ボラ協会のアカウントを友だち追加できます。

所在地・時間

〒880-0007
宮崎県宮崎市原町2-22
(宮崎県福祉総合センター本館1階)
水曜:12:00~17:00
木曜:11:30~18:30
金曜:11:00~18:00
事務局担当者は日替わりです。詳細は上記メニューの「協会スケジュール」をご覧ください。

KENVOLA Twitter

  • 宮崎公立大学硬式野球部が宮崎産業経営大学に次ぐ2位となり、秋リーグへ進む!昨日の第35回ふれあいの旅実行委員会8名の参加中、3名は学生。母校愛もさることながら、辻監督のゼミ生ならずとも、次回実行委での日程決定を鶴首。

    宮崎産業経営大と宮崎公立大が南部九州ブロック決勝トーナメントへ進出。
  • 公的支援を交渉し、住宅(家賃とバリアフリー)の申し込みも運よく当たる。ヘルパーは昼間のメンバーでは不足し、募集をかける。胃瘻(wiki:胃瘻とは腹壁を切開して胃内に管を通し、食物や水分や医薬品を流入させ投与するための処置である。最近では人工的水分栄養補給法と呼称される。)からの食事介助のため資格も取ってもらう。研修期間内に先輩の介助者より集中研修の場も設ける。派遣のための公的費用の交渉も行政と行なう。分刻みでの介助内容を提出した。そうして『ながさき自立生活センターこころ』は、どんなに困難があろうと自由に生きようという理念のもと、専門学校、市民向けに自分の生活を知らせる講演活動を続けている。「こころ」のネーミングは各人のこころと向き合い、寄り添う支援、さらに有無に関係なく「それぞれ」が違いを「受け入れる」という長崎さらにそうゆう社会を作って行きたいとの思い。

    ピアカウンセリング講演会参加で自立に向かう! 筋ジストロフィーの当事者の親の加齢と介護負担疲れの不安を乗り越える生き方。hitorigurashi.jp等で視聴可。
  • 花山手・宮崎市総合福祉保健センターに拠点を置く、宮崎市ボランティア協会

    宮崎市ボランティア協会「まなぶ」事業ー見えないしょうがいをまなぼう!2019-

    令和1年9月1日(日)10:00~12:00 市総合福祉保健センター(花山手)2F研修室

    申込み・問合せ ☆FAX/電話:(0985)20-1065 (電話は留守電ですので、メッツセージを入れて下さい。折り返し連絡します)☆メール:tknjq085384.jp☆郵送:〒880-0930宮崎市花山手東3-25-2 宮崎市総合福祉保健センター内

    プログラム 

    10:00 開会 講話「内部障がいとはそもそも・・・」講師:潤和会記念病院 医療ソーシャルワーカー 友永栄一郎 さん

    10:45 ワークショップ 11:40全体会・まとめ12:00閉会

  • 詳細情報は下記よりご確認ください http://blog.livedoor.jp/uxkaigi/archives/1073758274.html 主催団体「一般社団法人 ひきこもりUX会議」とは・・・・

    http://blog.livedoor.jp/uxkaigi/archives/1073758274.html

  • 一日じゅう国語の時間ばかりと勘違いしない!授業に模し大人が再び文学の価値に挑む。
    毎月1回土曜 15:00~18:00 教室:南宮崎駅前ビルアーケード街「ふれあいサロン」
    街角ブックトーク事業VOL2
    主催:みやざき教育支援協議会

    面白そうな授業は、オープニングから続くと想像できるが、野海さんがくすりと反応したのが6時限目「モテたい男と無邪気な女の罪」。キネマ館で逢えるいふきゅさんの3限目「図書室から消えた本」だろか!良く生きるためには頭脳を文学で鍛えて言葉で支える自分と相手。そのスキルを見直す為の未消化の大人のための国語の授業リターン。秀逸なフライヤーを介して呼びかけは広がって行く。

  • 和田祥吾さん!(原作者として映画「お父さんのバックドロップ」にも顔を出しているが、)故中島らもさん作の『ベイビーさん あるいは笑う曲馬団について』演劇公演に出演が決まりフライヤー配りにも張りきる。

  • 7月28日(日)/宮崎県日南市■講演会「自己決定を支える合理的配慮としてのコミュニケーション支援」 会場 日南市創客創人センター大会議室 時間 10時~12時 講師

    門眞一郎さん(児童精神科医) 参加費 1000円(資料代として) 主催 サザンウィンド

    連絡先 0987-22-2330 minamikaze2010@yahoo.co.jp

    不登校関連のイベント情報②より、発行 不登校新聞社 同新聞510号(8)面
  • 見えないしょうがいとも言える、精神障がい分野では、ミーティングや仲間という支え合いがキモであろう。そして、複合していく先にも先行く仲間がいてくれる。本当の学びのプロたちに未来が。
  • アメ、アメ、アメにも負けぬ野海さん。天気と同じく厄介なのがヘルパー制度。移送をあきらめ、自走して来た。帰りの止みを頼みの綱に。

    女性スタッフが買えり際に「着替えを置いとかないと!」と言った。なるほど、事務所にパンツ、いやバングラディシュ民族衣装のルンギ、男子の通常衣装が備え付けてあれば。避難所のホスピタリティーが問題になるのと似ているかも。どんなケースが飛び込んでくるか分からない。事務所のような居場所には、衣類の備えも必要ということだろう。

    と、濡れた無駄話は止めて。緊急な話題が急浮上。和田氏、幹事の光代氏が頭を寄せ臨時実行委員会となった。
  • 2019MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦 SUPERBIKE RACCE GT 300 km RACE 上津江町オートポリス 10月5・6日 ㈱オートポリス ㈱オートポリス 0973-55-1111 鯛生金山まつり 中津江村鯛生金山 10月6日 (10月第1日曜日) 中津江村地球財団 鯛生金山事務所 0973-56-5316 小鹿田焼民陶祭(第58回) 源栄町皿山 10月12・13日(例年は、10月第2土、 日曜日) 小鹿田焼協同組合 小鹿田焼陶芸館

    第35回ふれあいの旅実行委員会(第5回)R元/7/2 山崎光代メモ参照

    日田市ボラセン 小鹿田焼の里 そして、もちろん「ビール工場見学予約について」というチェックが入れられた楽しい議事録、なるべく、※できるだけという学生ボランティアたちへの配慮もうかがえる。

    ということで、今年のふれあいの旅は「日田市・かんぽの宿日田」に向けてスタートした。冒頭の日程は日田cityサイトの予定表なので、同日盛り上がっている日田という地域の予想図として引用させてもらった。そして、我々の燃えるイベントがやって来まーす!よという意志疎通の意味も込めている。