特定非営利活動法人 宮崎県ボランティア協会

MiyaKenVola じっくり、ゆっくり、たっぷり ふれあう ! —mkv.e-region.info—

LINEの友達に追加

友だち追加

このボタンをクリックすると、県ボラ協会のアカウントを友だち追加できます。

所在地・時間

〒880-0007
宮崎県宮崎市原町2-22
(宮崎県福祉総合センター本館1階)
水曜:12:00~17:00
木曜:11:30~18:30
金曜:11:00~18:00
事務局担当者は日替わりです。詳細は上記メニューの「協会スケジュール」をご覧ください。

KENVOLA Twitter

  • 音信によれば17日には、監督からの要請で公演の稽古に立ち会うという我が野海ハンディエンジェルズ作家にして芸文祭脚本家。

    様々な舞台を追っかけて、このチラシの公演の「きらり」新富町総合交流センター文化ホールには苦労してはせ参じたことも。

    あれやこれやで、COVIC-19もコロナ後の2021年と世界の姿を変え続けている。一部はzoomやらオンラインで、また生の公演で、大部分はそろりと動きをためらっている。当協会第36回ふれあいの旅実行委員会も復活へ向かう途上と記す。

  • オンラインふれあいの旅交流会の試行で乗り切った2020年度。

    MESC事務所は「本の根を張る」図書館をzoomで研究しあう準備に余念なし。

    非営利由来の熱こそが微力と知恵と和みを産み続ける確信の上のボランティアシーン。今こそビジネスの世界でもコミュニティー、まち・づくりがテーマとなる。持続可能の冠の下。低燃費で勝負ならボランティアも互せる。活気ある社会の炎の素であり続けるのは間違いないITとボランティア。

  • 時には是非、他流試合を!
    これはたんぽぽの家播磨靖夫氏教訓。

    宮崎在住歴の青年の紹介で、長野県からのzoom有機農業研究会大会を事務所から参加視聴中。スマホ電池切れ後も復興し、ハウリングなどハプニング込で生の活動のクロスロードの磁場に立つ経験。登壇者は有機農を中に据えたライフスタイル実践者。ボランティアの助けも影には映る。

  • 担当者が研修を真面目に受けるので、お鉢が回った宮崎公立大学辻(会長)研究室卒論発表会視聴。そわそわとすでに、ヤッドよりのzoomで手慣れたはず、、、が!スマホに音声が入らぬまま、講評まで聾唖者の立場で、しかし感動の内視聴参加できた。

    動き回ったあとには、慰労会懇親会がなければと、ワインを買いに走り、新しい旅の提案を祝す。たった一人。だがリアル、リモート参加者とのつながりを熱く感じながら。
  • もし学びが無くなったたとすると?生きてるのか

    静かな建国の日の事務所で改めて、学習の意義を訴求する身近な催しに当たる。

    2/28まであわいや展、「県内図書館 本の根を張る」申し込み期限2月28日
  • Year of the ox 月暦では、明けないコロナ日の一年半も 新年ページへ。丁度好日、買い物で活動手助けに続くキャンペーンの日。消費の良い気を活動へのおすそ分け。

    
    									
  • 人聞きの悪い、上から目線で申し訳ない。キースジャレット大成功!で憧れ人を飫肥杉舞台に上げた椿事で出逢う下駄アロハ定番志士。震災(阪神淡路大震災)にシンクロするかのように逝ったレジェンドとの邂逅は学びの真髄だった。

    ’89年が明けると、病状悪化の崩御で年号一新のタイミングで手塚治虫死亡がニュースの建国記念の日。第20回記念と銘打つ研究集会にボランティア活動者800名集結!青島橘ホテルに。

    さて、トレーナー作成を頼んだ事務所の似たクライアント同士、日南大学と後々二度三度と祭をやらかし見事イベント系団体の道を迷走。最たるものが宮市社協から県社協へと他流試合に赴いていた仲良しが引き受けてしまったXmasイベント。それはそれは、豪華なステージと上々颱風への慰労会であった。

    社会縁を繋ぐボランティア情報達人に祭り上げられ、奥尻島津波支援では泉谷しげる6時間ライブ、国レベルでNPO機運が生まれた時、阪神淡路大震災にシンクロするのような?夭逝まで河野好博兄とまつりづくり道を。

    くしくも、延期の国民文化障害者芸術と祭典イヤーにあたり、さらに自発的と多種分野に拡散したイベントにわくわく感溢れ出る。当時、独りよがりながらも走ったコースが、ゆっくり噛み締めながら踏みしめつつ現実を変える意識の元旗をなびかせているのを歓喜して見つめる。

  • 緊急事態の宮崎県。新年から2回目の当番も在宅にて。幸いにも郵便とLINEでホットな情報受信。台所から手を付けることとしましょう。

    通信には施設の躍動があふれているどこのサービスからも。工夫次第でチラシの手ごたえも。そんな一枚からクッキー買わなきゃと、楽しく刺激される。
  • LINEでお宝を発信したジャズ好きな男さんへ、お返し。

    ’87 2.2発行のMEDDLE紙面の5面。氏がやらせにのって呉れた。4年後に彼保有のお宝のジャズコンサートが颱風にけし飛んだ。消えたからこそお宝の真価はますます増す。

  • ご寄贈の公用車でお裾分けを配達した際に、福祉の現場での人手不足へのアイデアを授かった。貧困の若者のスキルアップアルバイトとして繋げられないか!

    新パソコンでの初仕事の一日は夕日に染まるよき日となった。最後の電話連絡は、巷で話題の宮崎キネマ館新築新聞ネタの旧知。支配人(前々職)っ?と声かけると柔らかい物腰で世間の良い反応に安堵のリターン。文化の範疇に政策試案まで盛り込んだこれぞニッポンの非営利セクター入門と誇りたい若者壮年連。

    ロマンの中にボランティア期を過ごした納宏子さん、後期には福祉の危機が待っていたが、ロマン主義者はロマンで燃やしたエネルギーを知恵に変化させれば迷いは無しとポジティブさは炎上を続ける。原始的エネルギーの継承者である。