特定非営利活動法人 宮崎県ボランティア協会

MiyaKenVola じっくり、ゆっくり、たっぷり ふれあう ! —mkv.e-region.info—

所在地・時間

〒880-0007
宮崎県宮崎市原町2-22
(宮崎県福祉総合センター本館1階)
水曜:12:00~17:00
木曜:11:30~18:30
金曜:11:00~18:00
事務局担当者は日替わりです。詳細は上記メニューの「協会スケジュール」をご覧ください。

KENVOLA Twitter

  • 宮崎市内の中学校では平日開催の運動会が、大淀中学校でもやっていたと久しぶりの事務所訪問は水元良憲さん。同じ辰年生まれで仲良しだった菊永恵子さんの訃報など話題は尽きない。久しぶりに参加してみたいと乗ってきたふれあいの旅。お目当ては宮澤さん、阿蘇の動物ランド在住で20数年ぶりの再会を望んだ。宮崎フェニックス自然動物園でのチンパンジーのさくらちゃんとのニュースは一世風靡した宮澤さん。今回の旅は路面電車試乗と動物たちとのふれあいになりそうだ。

    本日の事務所


    順延されて小規模の運動会だったが、練習期間の熱の入れようは不登校の生徒当事者のみならず嫌悪を感じさせる事態だった。来るべきダイバーシティ世界が超えるべき単一熱中型。守備範囲のすそ野の広さだけが取り柄のような我が中間支援組織は多様な人々がただ通過し、何かを落としてくれて、情報を得て帰る。
    ささやかで温かい野望、星のような希望には型にはめようがないエネルギー内包が既にある。そのエネルギーが知恵を産むことは、飼い慣らし界では気づくにも気づけない。55名の旅の参加者に一大エンターテイメントを味合わせてくれる実行委員会の二人は、障がいがあっても普通に仕事に取り組めるダイバーシティ社会へ挑戦している。

  • 始まる。植物Lab. アーキ

    旅行日記を送ります。
    清武で歩道ではないところを通ってしまって、警察につかまり、大変だった!驚きでひらいたメール。詳しくは残暑の道程、日陰を求めて電動を走らせた野海さんは、パトロールカーに止められた。警察関連のエピソードは上京の折、自費出版サンクチュアリ出版社を探し走ってトイレの助けを求めた原宿署以来。初夏にほぼ同じ彷徨いを演じた私も通っていた。このストーリーはかってのわたぼうし名曲である「時代遅れの涙たち」by松兼功の詩にも歌われた如く、困り果てた存在としか理解しがたい、恋の中の主人公の主体を気づけない他者。かわいそうで止まる思考。人間関係の機微の広がりに無頓着なダメ出しまかり通る浮世。
    旅日記をフォローしていれば、劇中なのかリアルなのかの境界線上を一台の電動車椅子が公道を征くことに疑心を差し入れられては困る話。
    写真に使わせていただいたのは、かかりつけのカフェの若主人の一押し「奇妙な花屋」はじめます。還暦過ぎたら応援団として覗いてみたい。下原町というアドレスは来春竣工するというシン・ヤッドの青葉町54番地の至近距離。すでに地下茎ではつながりはじめているのかも。

  • 9月30日(日)の2大イベント(イベント①宮崎市ボランティア協会主催:まちなかバリア体験&ごみ拾いツアー)の内の「フォーラム・私たちが生きる意味」のオルブライトホールとの下見、打ち合わせに出た。楽屋入りしての会議は出演者側6名の数を上回る劇場スタッフにより綿密な進行のすり合わせがあった。司会の二人マコとめぐも車椅子ライダーということで、予想を60台の車椅子参加者を見込んだ客席・最前部座席撤去、回復には10人の助っ人要員が。

    MCデビュウする新坂真子、森愛美マコ&めぐ


    同日、繁華街からツアーして同所、市民活動センターにやって来る市ボラと宮崎大学1年の面々のツアーの模様も楽しみな光景になるはず。

    集合:宮崎アートセンター前。体験:一番街・若草通・橘通・西橘通・中央通ほか


    いろんな体験プログラムから気づかない『バリア』について考えるきっかけは自分のこととしても実る。さて、表題の遠雷は、うれしいなつかしい映画上映会に見つけた題名。石田えりファンの脳裏に刻印されているシーン。時代的にも気象の遠雷、世界的脅威の遠雷がシンクロしている今日。私には気づきの遠雷が聴こえてはこないか。

    人を蘇らせる遠雷もある。

    9月は近づく台風を乗り越えて、期待の遠雷を聴きながらどのイベントにもうたわれている「暮らしやすいまち」に羅針盤をとって進みたい。

  • 都城市点字図書館都城市点字図書館FBリンクによると、9月1日に、野海実行委員長がふれあいの旅広報に電動を走らせた。さらに、県ボラ事務所の記録には第9回実行委員会が開催されたことと、その内容には来年度のヒヤリングとFM出演を無事終え安堵感が記され、学生ボランティアの活躍にも触れている。ネタバレのようで書くのをはばかれるが、路面電車乗車の件も進んでいる様子。

    本日はプロジェクタースクリーンの下での執筆態勢。

    きちんと都城市点字図書館ブログに足跡を残したフェースブックを確認すると気合が入りすぎ座位のまま転倒というめずらしいサプライズもあったが、しゅくしゅくと過去の自分を旅する旅日記は水曜日の午後の集中でずんずん形となっている。

  • 普段と違う道で立ち寄ったパン店で稀有なフライヤーをもらって出勤した。文化公園通りのブルソはスタンプも溜めていることだし晩夏を越すため食もリフレッシュしたいが為だったが当たり!な情報をむさぼることとなる。

    故藤井貴理彦から堺雅人までの二人の会人脈模様


    最近の話ではこふく劇場の永山智行監督が相模原事件を宮崎として問う宮崎日日のくらし面にコメントを寄せる等、仲間たちが演劇に深入りする様は社会との接点にフィクションの世界がかなり広くあるという現世模様を知らされ続けている。ボランティアシーンは文化の一部として支援者には演劇人がずっといてくれてその筆頭が濱崎けい子さんらであった。パフォーマーとして身体を張って生活している仲間たちは演劇人と並ぶと似合っているものだ。芸術家と作品、障がいのある人と生活。そして個を超えた才能は平等にもたらされている。そんな原石同志という成長途上両方にボランティアたちは相まみえてこれた。1,2面の新聞形式のたより1面には、故藤井貴理彦さん(工芸家としても劇作家としても優秀な作家で2016年1月急逝)が「薔薇の手紙」という作品を女優(わたし)に書いていたことなどと年相応の体調不全のことが報告されている。パントマイマー後藤慶子さんの名前にも感激した。
    なお、完熟教室というのも当パン店で開催されるらしい。

  • ≪いろんな人に関わってみよう! 人との出会いで、思わぬ自分を発見》
    2017年9/10(日)13:30~16:30宮崎駅前KITENビル3階みやざきNPO協働支援センター
    プログラム 13:00~       受付
          13:30~13:40  オープニング
          13:40~16:20  ワークショップ
                       ・アイスブレーク的ゲーム
                       ・かるーい認知行動療法
                       ・ちょこっとチャット
                       ・リフレーミング
          16:20~16:30  クロージング
          進行する人:山下和代さん(看護師。認定心理士、キャリアコンサルタント)
          来てほしい人:関心のある人、一歩踏み出したい人、引きこもり者、不登校者、保護者など、30名程度
       参加費無料
    申込先:TEL/FAX 0985-41-4451
    E-mail info@npomesc.jp

    つなぐ教育・創る教育 NPO法人 みやざき教育支援協議会 
    〒880-0007宮崎市原町2-22 宮崎県福祉総合センター内ボランティアセンター気付
    平成29年度宮崎市市民活動支援補助事業

  • 本日の野海氏は、私の無駄話に耳も貸さず旅日記作成に余念なし。そこに現れた和田氏。MESC楽々WEB工房での動画編集業務を請け負うべく自家PCのスペック上げの考えを巡らす日々。集中する野海氏は2,3年前の行状記を記憶を整理しながらの文章化。完成した原稿はすでにメール添付されたが、パフォーマンス集団との邂逅、シナリオ講座受講と心身ともに変化に富んだ濃縮な時期のようで躍動して電動はかっ飛ばしている。まるで今年の年男として年輪を刻むにふさわしい助走のころか。和田ッチからも添付で小文「荒波一雄さんへの手紙」が届いた。『荒波さん、初めて会ったのが宮崎県ボランティア協会だったね。

    動画編集WEB公開の技を目指す和田氏、座位の野海氏はシナリオ作家


    イラストレーターのソフトを扱っている姿をみて、凄いと想いました。今、どんこやのホームページの更新と水彩画と書をやっています。
    パソコンで扱って、僕が出来るところをして、みんなと支え合って、生きます。荒波さん、ありがとう!和田祥吾』
    ところで、YOUTUBEへの花一輪アップロードの課題解決はクライアントの友人のアカウントで公開されたことで済んだ。せっかくなので教材として取り組みに手を付けていくこととなった。

  • 南九州を巡るツアーをした文書

    特定非営利活動法人の認証を受けたのが平成13年8月20日、松形祐尭宮崎県知事よりの設立認証書が田中達昭氏へ当時の住所宛名で発行された。それから16年間事務所の額から見守っていてくれている。県知事も安藤、東国原両氏を経ていつしかひむか県としての動きは盛んである。任意団体としての十五年余には、宮崎県社会福祉協議会の庇護の元、幾多の福祉団体と共におもに個人ボランティアが事務局を担いながら、県を名乗るに応分の事業展開にいそしんできた。運営委員から理事へと呼び方も進化し、法人化以来、会員総会での承認を受けながら事業企画の決定は理事会の責任で下される。非営利活動ということで税の免除も申請する。活動は生活と同じく経費を消化するので、やはり人間一人の生活費並みの財の維持を欠くことはならない。活動支援金、十円募金さらには賛助会員にも協力を得ての財源確保。ろうきんパートナーズの外部からの支援もありがたい。
    さて、潤滑な活動展開と事務所維持の後見ならびにある時は主体者として理事の活躍は肺であり心臓ポンプである。その理事のみなさんの居場所へお伺いする事務的出来事が今夏あった。郵送でのやり取りでお盆後開始し、二週を経た。任意団体当時の意図を継承しているので三財、延岡、隣県人吉と理事記名書類は旅をした。都城からの封筒はそのまま有機的つながり組織の気配を感じさせる。愛と心を紡ぐ装置でありたいというのんきな会社でもある。

  • 今日の野海さんは、土曜日には西都までリフトバス利用で鬼塚良昭個展に行ってくる!とさわやかに去った。直前には和田祥吾さんが「スペック?について勉強になった」と買い物を経て帰宅に向かった。その土曜日は26日(土)24時間TVの日である。車椅子バスケットのボランティアを続ける渡辺純子ちゃんは少ないんですよとも。
    さて、毎週のように話題に上らせる、楽々web工房で受託する予定の「松田俊彦監督『花一輪DVD/ライナーノーツ 小野和道』のyoutube アップデート」への道のりは機材の準備の点でまだ先が見えない状態。花一輪YAH!DO青葉町時代に出入りしていたつながりで、和田ッチご指名で自作映画をウェブサイトで公開したいという強い思いはつのるばかりの松田氏。しかし、映像の加工には並みのパソコンではスペック容量が足りないのは目に見えている。そんな話に機材を揃えるのに安物買いをしがちな引き受け人は悩む。野海さんも詳しくないのに買ったプリンターが結果つなげなかったという初期の失敗の経験もある。
    また、日南の岩切秀樹氏にFACETIMEで尋ねると?UMKの24時間TV福祉車両贈呈の現場ロケの放映は26日午後4時ころの番組枠とのことである。
    障がい者運動はもういい!と言い切って冒険者野海は旅人を続ける。
    メディアに投影したい我々仲間の生きざま、生活信条。今はそれどころではない風潮の世界だが、スペックを上げることで可能ならば、頭の中の議論武装を捨て行動あるのみの野海さんに習ってみるのも案外新発明なのかもしれない。

    ライナーノーツ 小野和道

  • ダスキン海外研修募集中

    事務所フロント週に一度の事務所当番が最近心地よい。MESCメスカ塾が開講されていて、設立当初の県ボラ木曜教室が復活してきたような波を感じる。田野町からの井上佳弘、寛子母子の横では植木省太さんが。それぞれパソコンの技を城戸松豪コーチから伝授されている。まもなく到着する野海ふれあいの旅実行委員長が桟敷に座しipadに向かえば集中度のメーターはハイレベルでしばし維持する。フロントの廊下の立て看板には近々のイベント周知が並ぶ。イベントを含め喧騒、情報の滝つぼにいるような我々の生活。気心の知れた居場所での集中の時間はダイヤモンドのような時間だ。表題にクイーンニーナと出したが、都農町産のぶどうのブランド名。永山美智子さんからの差し入れをふれあいの旅実行委員会と宮崎DARCに分けて食してもらった。ニーナというアノニマスネームのご本人へ洒落を効かせたつもり。居場所を得るのが困難な仲間たちへスペースを提供できること、事務所が開かれていることに中間支援組織のミッションは尽きる。
    居場所を求め!海外へという猛者には次の情報を!2018年度(第38期)
    ダスキン障害者リーダー育成海外研修派遣事業
    海外研修説明会のご案内

    海外研修説明会を東京・大阪・福岡で開催いたします。海外で研修をされた派遣生による研修体験報告や、海外研修派遣のご説明、お問い合わせやご相談などを受けさせていただきます。応募を考えておられる方だけではなく、ご関係者の方々などのご来場も歓迎いたします。心よりお待ち申し上げます。

    ■東京会場
    日時: 2017年9月1日(金)/9月2日(土)/10月6日(金)/10月7日(土)
    会場: 株式会社ダスキン 東京オフィス会議室
    東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル24階
    都営地下鉄大江戸線 都庁前駅(A6出口直結)
    ■大阪会場
    日時: 2017年9月15日(金)/9月16日(土)
    会場: 株式会社ダスキン 本社ビル11階会議室
    吹田市豊津町1-33
    地下鉄御堂筋線 江坂駅(5番出口)
    ■福岡会場
    日時: 2017年9月30日(土)
    会場: 博多バスターミナル9階 第6ホール
    福岡市博多区博多駅中央街2-1
    JR博多駅(博多口)
    各会場周辺地図と交通のご案内[PDF:275KB]

    ※全会場ともに・・・
    ・開催時間 *開場は開催時間の30分前です
    ・入場無料
    ・ご自身で、直接、会場にお越しください。
     (送迎や誘導、交通費の支給はありません。)
    ・手話通訳の必要な方は、当方で手話通訳者派遣機関に依頼いたしますので、お早目にお申込みの時にお伝えください。
    ・会場に駐車場はございません。
    ※参加お申込み
    開催2日前までに事務局へお申込みください。
    ※お問い合わせ
    ご不明な点がごさいましたら事務局までお問い合わせください。
    TEL 06(6821)5270 FAX 06(6821)5271